日本でも親しまれているイタリアンの知っておきたい基礎知識

パスタは一口サイズで口に

イタリアン

ワインはグラスの半分

姫路で楽しむイタリアンは、簡単なマナーを把握しておくと、より優雅で楽しい食事のひと時になります。厳しいルールがあるわけではありませんが、イタリア料理を楽しむときには、イタリアンのマナーがあるため、姫路の飲食店でも知っておくほうが得です。イタリア料理の決定版ともいえる、姫路でいただくイタリアンといえばパスタは代表格ですが、日本そばやラーメンのように、すするような食べ方はしません。日本人は麺類をすすって食べるクセがついているので、頭ではわかっていても、目の前に麺が出てくると、ついパスタもすすってしまいがちです。姫路は日本ですし、来客も日本人が多いとしても、イタリアンはヨーロッパが本場であり、ヨーロッパでは麺類を、すすって食べるのはマナーに反しています。パスタを注文したら、一口サイズにフォークでクルクルととり、口に含めていただきます。お皿を手にもって食べるのも、日本人はついやりがちですが、イタリア料理ではNGです。イタリア料理に限らず、日本料理や中華料理などでなければ、西洋の料理はお皿を手にもって食べる習慣はありません。美味しいワインもイタリア料理の楽しみですが、グラスになみなみ注ぐのは、美しさという感覚からすると控えることです。イタリアンをいただくときのワインは、グラスに半分ほどを目安にして、泡をたてないように静かに注ぎます。イタリアンは居酒屋のように、大皿をみんなでつつきあう食べ方はしませんが、1つのお皿で多い時には、2人でシェアしてもマナー違反にはなりません。パスタを一皿注文したら、小皿を二枚用意してもらうなど、お店のスタッフに話してみることです。